雑記

レーシック受けてきました。手術当日と翌日レポ

サムネイル

おばんです。すじにくです。
前回の記事で書いた通り、レーシック手術を受けてきました。

サムネイル
【Forバイク】レーシックやります。すじにくです。 突然ですが、レーシック手術を受けることにしました。 今回はその経緯や、適用検査について書いていきます。 レーシック...

今回は手術の流れと翌日(執筆当日にあたります)の感じについて書いていきます。
今んとこメッチャ調子いいです^^

おさらい

東銀座にある富田実アイクリニック銀座の、オーダーメイド角膜強化型8次元アマリスZ8レーシック、税込みで41万5800円の手術を受けました。

手術当日の感じ

この医院ではレーシック手術は遅い時間にスケジュールされています。
僕の場合は18:30から予約でした。
おそらく手術当日は目の負担が大きいため、手術後すぐに寝れるように配慮してのことだと思います。

手術前に気を付けることは以下。

  1. コンタクトレンズ類の装着はしないこと。(ハードは1週間前から、ソフトは3日前から)
  2. 施術2時間前は食事をとらないこと。(手術中に気分が悪くなることを防ぐため)
  3. 顔や髪の毛に薬品を塗らないこと。(化粧品や整髪料、日焼け止めなどすべてNG)
  4. 汚れがついても構わない服装で来ること。(薬品がかかる可能性があるため)
  5. 襟が無い服装で来ること。(襟があると頭の固定がしにくいため)

などがあります。

医院に着いたら受付を行い、注意事項の復習と料金の精算。
この時点で目薬や保護具を渡されます。

内容はざっくり以下。

  1. 左上:就寝時用の保護具。テープで固定して使用。
  2. 右上:保護メガネ。術後1週間の間、外出時に使用。
  3. 目薬①:左下の黒いやつ。炎症を抑える。
  4. 目薬②:赤いやつ。菌の繁殖を抑える。
  5. 目薬③:水色のやつ。人口涙液。目に潤いを与え、治癒を早める。
  6. 目薬④:白いやつ。痛み止め。

乾燥が大敵なので目薬③は頻繁に差すことになります。
で、必要なものをもらったら、手術前の最終検査。

視力を測ったり他にも色々測る。素人のぼくには何を測ってるのかわからなかったけど色々やります。

問題が無ければ手術へ。

いざ、手術!

わりと待ち時間が長く、時刻は約8時。

スタッフに呼ばれ手術室のある階層へ移動。
荷物をロッカーに預け、髪に保護帽?をかぶせたり顔を消毒したりする。

そして、麻酔の目薬やら色んな目薬を差します。
麻酔のせいかまぶたの感触が無くなってくる。まばたきがしづらい。

麻酔が聞いてきたあたりで、いよいよ手術室に呼ばれて中へ。
さすがに緊張してきた。

手術着の院長と、スタッフ4名ぐらい?
けっこう大人数なんだな・・・。

横になって、脱力。
頭の位置が重要らしく、何度もポジションを直しました。
ここから施術に入って行きます。

①フラップ作成

まずはフラップの作成。
目の前の機械の緑の点をずっと見るんだけど、開瞼器という瞼を開けたままにする器具を付けるときにググッと目を押されるので、徐々に視界が暗くなっていきました。目が開いているのに何も見えない・・・。

ドキドキ・・・

院長「はーい、そのままですよ、そのままですよ~」

頭をぐっと抑えられる。

イイイイイイイン・・・・・
・・・・・・・・・

なにも感じずにフラップ作成終了。
機械が動く気配があるだけで、まったく痛くなかった。

常に目を濡らしているせいか?または麻酔がかかってるからなのか?目の渇きは感じませんでした。次は角膜を削っての屈折矯正。

②屈折矯正

いよいよ角膜を削る段階。
さきほど作ったフラップをぺらっとめくって角膜を露出させる。

僕(あ、今めくったな・・・)
院長「はい、そのまま、そのままですよ~」

・・・・・・
ヒーーーーーーーン・・・・
ヒーーーーーーーン・・・・

お、なんか焼けてる匂いがするぞ・・・

院長「はいオーケイ。」

今度も全く何も感じずに終わりました。
やることと言えば頭と目線が動かないように全身を緊張させることのみ・・・。

③角膜強化

フラップをめくって黄色い液体を塗布、
フラップを閉じて黄色い液体を塗布。
おそらくビタミンの薬液だと思う。

次は紫の光を見続ける。

院長「はーい、そのまま、そのままですよー」
男性「30%・・・40%・・・」
男性「10秒」

こんな感じでタイムキープと進捗を報告しあってました。

男性「・・・100%。」
男性「30秒。」
院長「はいオーケイ。」

おお・・・終わった・・・のか?
どうやら終わったようだ。

うん、まったく痛くなかったけど全身を緊張させるのがちと疲れる。

ぼく
ぼく
同様にもう片方の目も行い、手術終了。

全行程で15分ぐらいかな。

手術直後

20分ほど安静にし、術後確認を行い帰宅。
特に問題はありませんでした。

術後直後はかすみ、ぼやけがあり目を開けたくない感じがします。
家まで電車で1時間ほどですが、帰る前の検診で使い捨て人口涙液をもらい「10分おきに差してください。電車ではなるべく目を閉じるように。」とのことでした。

電車で帰るころには麻酔が切れてきて、ショボショボ感と痛み、不慣れな視界によるごく軽い目眩のような症状があり、ちょっとしんどかったです。
帰りはタクシーや知り合いのクルマに乗せてもらった方が良いかも。

帰宅して夕飯。
麻酔が切れて割と痛い。
だけど痛み止めを差したらすぐに引く程度の痛みです。

ぼく
ぼく
とは言え、痛み止めが無いときついレベル。

手術当日は各目薬を1時間に1回差す必要がある。
就寝時刻は12時半ごろがいいと言われていたので、それまでは目薬を差して音楽聞いての繰り返し。テレビや読書はNGなのだ。

ぼく
ぼく
洗顔や洗髪も禁止です。肩から下のシャワーならOK。

こんな感じで手術当日は終了。

手術翌日

さて、手術翌日。
まだ若干ひりついてる感じはするが誤差程度。
視界の方は・・・めちゃくちゃ良好だ!!!

メガネもコンタクトも無いのに・・・
見える!見えるぞ!私にも敵が見える!!!

これはマジで感動しました。
メガネ、コンタクトのようにずれや汚れを気にせずクリアな視界を手に入れられるなんて…すごいな、いまの医療は。人間の技術は。

ぼく
ぼく
今までメガネ・コンタクトで消耗してたのが馬鹿らしくなってきた。

で、翌日検診で再度医院へ。
検査結果は問題なしであっさりと終了。

なんか生物として1段階上のステージに立ったような感じというか…生まれ変わったような感じというか…正月元旦の朝に新品のパンツを履いたような感じというか…スゲーさわやかな気分だぜ。

最高だ!

以降の予定

以降の検診は1週間後と3カ月後。
その後は半年に1回の検診…という感じ。

1か月オフロードバイク出来ないけど、すでに乗りたくウズウズしてます。

以上!

[ad01]
[ad01]
似てるジャンルの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。