伊豆大島

伊豆大島ツーリング①フェリー乗船。【竹芝ターミナル】

サムネイル画像

こんばんわ!ブログのヘッダー画像をWRにしてみました。すじ肉です。
今回から2018年のGWに行ってきた伊豆大島ツーリングについて書いていきます!
チケット予約編は以下の記事です。

サムネイル画像
伊豆大島ツーリング【フェリーチケット予約編】伊豆大島へツーリングに行きたい!そんなわけで、どうすれば伊豆大島にバイクで行けるのか?フェリーの種類や料金を調べてみました。...

東京まで

全体の日程は4/29夜のフェリーで出港、5/3昼のフェリーで帰還の、大体3泊4日の旅となりました!

私は岩手在住なので、休み1日目の4/28で岩手→東京に移動し、翌日の夜にフェリーって感じです。

高速道路での移動

オフ車で高速500km移動だったので”覚悟”して行ったのですが、WRは高速でも不安なく走れるいいバイクでした!
ケツの痛みはニーグリップと温泉で和らげるッ!

そんなわけで、フェリー出港の日になりました。

東海汽船 竹芝桟橋

伊豆大島行きのフェリーは『東海汽船 竹芝桟橋』という場所から。レインボーブリッジとかが近いです。

フェリー出港は23:00なんですが、バイクを積む場合は2時間前の21:00までに手続きしてってことだったので、余裕をみて19:00には着いてました(社会人の鏡)

竹芝ターミナル

着いたぜ!竹芝ターミナル!
(東京の道狭くて怖い・・・)

竹芝ターミナル

円形の広場が目印です。帆のモニュメントがいい感じ!
奥の方を行くと、道の向かい側にファミマがあります。

けっこう暇だった

19時に着いたんですが
人がぜんぜんいない・・・まあ、出港4時間前だからな。

この時に不安に思ってたのが『手荷物制限』
ジェット船は縦:横:奥行きが120cm以下で、なおかつ30kg以下でないと船内に持ち込みできません。

でも、今回は大型船で行くので手荷物制限はなかったというオチ。
無用な心配でした!やれやれだぜ

竹芝ターミナル内

それにしても、案内所が20:00からしかやってないので
ヒマすぎる!手荷物のこととかいろいろ聞きたかったんだけどなぁ

で、散歩したりスマホいじったりしてヒマつぶし。
軽量化のために本を持ってきてなかったのが悔やまれる・・・
それにしても、東京アッツイなぁ・・・すでに汗がヤバイんだが?

案内所を散策していると、伊豆大島の観光ハンドブックがあったので読んで情報収集。おいしそうなごはん屋さんや温泉、観光地の情報を集めました。

船がつく早朝から営業している温泉『御神火温泉』『大泉温泉ホテル』
朝7時から営業している飯屋(名前忘れた・・・)

こんな感じで、早朝に到着する我々にはありがたいお店がいくつか。
よし、着いたらすぐに温泉に入ろう。

そして、20:00になる。
徐々に人が増えてきました。

竹芝ターミナル内

どうやら自分以外にもバイクがいるらしく、謎の連帯感を感じる(バイクあるある)

チケット購入と荷物受付

ひとまず、チケット売り場で予約しておいたチケットを購入。
今回は特2のチケットを買いました。

チケット画像

特2は6670円です。寝台がついてる等級です。
北海道に比べたら、全然やすいぜ!

チケットは買えたので、次はバイクの受付。
案内所に荷物のことを聞いてみると、左に行った方に受付があるとのこと。フムフム。
(バイクはコンテナに入れて運ぶので、その受付が必要になります。)

竹芝ターミナル内

ここでした。
バイクとバッグの積込みをお願いする。バイクは予約が必要なので注意ですよ!
ちなみに、スプレーやボンベなどの高圧ガス刃物などは船内持ち込み禁止なので注意です。(特に荷物チェックはないけど)
ちなみに私はキャンプ用のボンベを持ってきてしまいました・・・

「すいません、ボンベ持ってきてしまっているんですが・・・」
「うん、まあ・・・今回はいいよ。飛行機みたいにチェックはしないしね。ただ次回からは気をつけて下さい。」

そんなわけで許しは得られました!
次回からは気をつけます。みなさんも気をつけてね!

チケット画像

周辺の散策

必要な手続きは終わったので、周辺を散策する。売店や飯屋を発見しました。
島に入る前に、この売店やコンビニで朝食を確保しておくのがベターです。

竹芝ターミナル内 竹芝ターミナル内

そして、22:30ごろ。ついに船が到着!やっときたー!

船内をレポート!

竹芝ターミナル内

待機列はこんな感じ。長いですが、いいペースで進んでいくので待ち時間はあまりないです。

伊豆大島行きフェリー

こいつに乗り込むぜ!

フェリー内のベッド

特2席はこんな感じ。コンセントがあるので電子機器は使い放題だぜ!!
まあ電波は入らないだろうけどな!(ほんまに本持ってくればよかった・・・)
コンパクトな電子書籍ほしくなってきました。

自動販売機

なつかしいよねこの自販機。なぜか普段よりうまく感じる(高いけど)
給湯室があるので、隣で売ってるカップラーメンも食えます。

フェリー内部wifi

何ィ!?無料WIFIだと!?やるな東海汽船ンンンン!!スマホできるよおおおおお!!

フェリー内部wifi

えっ

WIFIの意味ないじゃないですかああああああああ
あああああああ
・・・・

フェリーからの眺め フェリーからの眺め

ま、綺麗な夜景も見れたし良しとしようじゃあないか。

それにしても、すごいな東京・・・
FF7のミッドガルですか?

船の到着は朝5時。すでに夜12時近いので、そそくさと寝ます。
うし!いよいよ明日から伊豆大島だぜッ!待ってろよッッ!

続き

サムネイル画像
伊豆大島ツーリング②【伊豆大島一周】伊豆大島ツーリングその2。とりあえず大島一周をしてみて、裏砂漠や三原山を確認。島全体がどうなってるのか大体わかりました。ですがその後、給油問題、立ちごけ、空腹問題に襲われ・・・...

POSTED COMMENT

  1. toshi-360 より:

    船で移動は羨ましいですね!
    一度は自分も船でツーリング行って見たいですね

  2. namamono04 より:

    Wi-Fi! www 東海汽船あるあるです!
    ただ、島々の間を通るので案外、電波が通じるタイミングも多いです!

  3. sujiniku5150 より:

    Toshiさん
    普段のツーリングとは一味違うので、オススメですよ!旅してる感じになります(笑)
    なまものさん
    あるあるなんですねw
    なるほど、島の周辺だと繋がるのか・・・

  4. あき より:

    じっくりと読ませて頂いております。
    東海汽船の乗り場付近には何もないので時間を持て余しますよねw
    船は私も同等の寝室でしたが至って快適でぐっすり眠ったのを思い出しました。
    途中、レインボーブリッジをくぐるシーンは中々観られないので楽しいですよね。
    それにしても岩手からWRで移動というのは凄いですね・・・お疲れ様でした。

  5. sujiniku5150 より:

    コメントありがとうございます!励みになります(⌒,_ゝ⌒)
    この日はだいぶ時間を持て余しましたw
    自分は寝坊できないプレッシャーにやられて熟睡できず、2時間おきぐらいに目が覚めてました・・・。
    WRの移動は、楽しむというより「作業」になってましたね。できればもうやりたくないです。笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。