整備・カスタム

【WR250R】アチェルビスのトライフィットを装着

トライフィット装着イメージ

どうも!
すじにくモータース管理人の、すじにくです。
最近雨ばっかりでなかなかツーリングに行けていません・・・(‘A`)

さて、今回はWR250Rで本格的に林道探索行けるように、アチェルビスのトライフィットというハンドガードをつけました!

前までのハンドガード

ステルスのクローズエンドのハンドガードつけてました。

ステルスハンドガード装着イメージ

まあ、クラッシュしちゃったんだけどね。
林道を走っている時にズルッとコケてしまって、修復不能レベルに曲がってしまいました(‘A`)

そっからは元々ついていたゼータのオープンエンドのハンドガードつけてました。

オープンエンドハンドガード

中古でWR買ったときについてたやつで、見た目が良くてお気に入り。オープンエンドなのでハンドリングも変わりません。

何度かコケたことあるんですが、ショートレバーとこいつの組み合わせは意外としぶとく、故障はありませんでした。

ホントは折れないで有名なARCレバーを付けたかったんだけど、WR250Rにつける際はウィンカースイッチを別の細いタイプのものに変えないと付かないらしく・・・そうするとハザードランプが使えなくなるようなので見送りました。

この商品ですね。

bonsaimoto.jp

やっぱりトレール車はカスタムパーツの取り付けがしにくい・・・

アチェルビス:トライフィットにした理由

アチェルビス:トライフィット

こいつの特徴は、樹脂製でオープンエンド、クローズエンド選べるところ。ライダーによってその姿を変えることができる!

トライフィット説明書き
4種類の付け方ができます

金属製のクローズエンドタイプのハンドガードは頑丈で良いんだけど、ハンドルのしなりがなくなってハンドリングが固い感じになってしまうので、あまり好きじゃなかったんですよね。あと重い。

そんなわけで、ある程度レバーを守れるクローズエンドタイプで、ハンドリングを妨げにくい樹脂製であるトライフィットを買ってみたというわけ。オープンエンドにしたくなったらそうできるし、汎用性がやばいね。

あと、アチェルビスというブランドに憧れがあったのも理由(笑)
お値段は、15400円ぐらい。

bonsaimoto.jp

早速装着!

トライフィット装着イメージ

こんな感じ。
ちょっと苦戦したけどなんとか付きました。トレール車は装備が多くてハンドル周りがぎゅうぎゅうです。

トライフィット装着イメージ2 トライフィット装着イメージ3

ハンドリングもそんなに変わらないし、重量も軽いのでいい感じ!
さわやかな林道を走るぐらいならこれぐらいがちょうどいいのかも!

なにより見た目がディ・モールト良いッ!
しばらくはこれで林道ツーリングに行って来ようと思います^^

以上!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。