整備・カスタム

YZ250Xにアチェルビスのフレームカバーを取り付けた話

サムネイル画像

おばんです、すじにくです。

今回はYZ250Xにフレームカバーを付けた話。
モノはアチェルビスですね。

結果から言うと、後回しでもよかったかなという感じでした!

ぼく
ぼく
満足感は高いけど、コストに対する効果がちょっと微妙かも?

フレームカバーを付けた理由

ブーツグリップがしやすくなる

オフロードバイクのスタンディング状態ではニーグリップができず、主にブーツ部でグリップする必要があります。
ブーツにもゴムが付いていて多少はグリップするんだけど、フレームにもゴム部品が付いていればもっとグリップしますよね!

キズから守る

一応、キズから守る効果もあります。
ハード系やらないのであれば小さなメリットかもしれませんね。

ただ、フレームは一度傷つけたら修正・交換は困難なのでキレイに乗り続けたい方には大きなメリットです。

カッコいい

見た目がいいです。
あと付けておくと『こいつ、やってるな』感が出ます。

付けた製品はアチェルビスのX-GRIP FRAME GUARD

X-FRAME

良い!カッコいい!!
YZのブルーとおんなじですね。
早速取り付けてみます。

取り付け簡単!

右側はここに樹脂のネジ受けをインストール。

左側はここに受けをインストール。
カバーをかぶせて、タイラップで止めるだけ!

めちゃくちゃ簡単でカッコいい!!いいねえ!!

インプレッション

何日か走ってみた感想をインプレッションします。

やはり、フレームが太くなってグリップしやすくなりましたね。
特にくるぶし部はゴムで覆われているため良くグリップします。

ですが、上部はゴムで覆われておらず樹脂がそのままなので、あまりグリップしないですね…。

僕はヒザ関節あたりで車体をコントロールする悪い癖があるので、思ったよりグリップ感の向上はありませんでした。
くるぶしでグリップ出来る方ならかなり効果あると思います。

逆に考えると、くるぶしでグリップ出来てるか常に確認できるのでいい練習にはなるかな?

価格は6500円ほどするんですが、チューブなどでDIYした方が効果がありそうですね。
見た目にこだわらない方であればDIYで十分かなと思います。

でも、見た目の良さは保証しますよ!!

ぼく
ぼく
カッコいいは正義。

まとめ

YZ250Xにアチェルビスのフレームカバーを付けた話をしました。
機能パーツというよりか、装飾パーツという趣きが大きいですね。

僕としては機能向上を狙って付けたんですが、見た目がスゴイ良いので満足感はかなりあります。おすすめのパーツです。

以上!!

似てるジャンルの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。